about

◆逃げ遅れない、素早い脱出時のリュックサ
ックには、被災地の避難所に後でゴミにな
るペットボトルをなるべく持ち込まない。
3.11の津波の教訓から、エコデパックは
脱キャップ付容器、脱ボトル容器として開
発されました。

エコデパック(容器)の特徴
◆ポケットに入る飲みきり飲料サイズです。
ランドセルにも入るサイズです。
◆厳寒期〜猛暑の車載保管 可
◆太陽光にキラキラ反射して光るパッケー
ジ。袋を開いて緊急信号の合図やSOSの旗
になり、簡易鏡にもなります。
◆水を飲み終えたら空食器になります。
◆袋の切り口が丸く3層構造の外層が手や飲
む際、唇に優しい厚いナイロンです。(一般
のレトルト袋は硬いペットフィルムです。)
◆水、光、空気を通さない気密袋だから外気
の匂いや汚染水が浸入しません。また、
気密の外袋に入れているのは汚染水や泥に
埋没しても、中のレトルト袋と合わせて
衝撃も吸収しながら命をつなぐ食糧を守る
為のバリアー性を高める為です。
◆キャップ無しの為、開封しやすく(ボトル容
器と異なり)唾液が逆流しない押し出す構造
の倒れてもこぼれにくい飲み口です。
◆飲み口を折り曲げるとこぼれません。
◆生活に欠かせない便利なペットボトルが
災害(津波、水害等)や廃棄により、空ボトル
の海洋ゴミが問題になっている時代です。
又、地下に埋土廃棄した場合、ボトル内に
メタンガスが溜まり汚臭を含めた汚水が風
水害の際、地表は勿論、河川に流れ込む環
境汚染につながり、燃やせば一般ゴミより
高温で燃焼する為、全て燃やせば大気汚
染が加速し、温暖化の要因になれば地球に
悪 影響が出て、燃焼する為の重油の石油資
源がかさむと予測されると推測されます。
◆キャップ、ストロー、箸、スプーンが不用
な省資源袋です。
◆分別の手間が不用の一般ゴミで廃棄できま
す。(ペットボトルはキャップと容器とデザ
インフィルムの材質が異なる為、分別しな
いとリサイクルが出来ない為、回収してか
らの手間がかかります。 )
◆柔らかいペットボトルはキャップを外さな
いと小さく丸められないし、硬い空のペッ
トボトルは空気を運ぶように体積が大き
く、ゴミが山積みになり、雨の後の猛暑の
日にはたいへんな汚臭と細菌の巣になり、
被災地を苦しめます。
◆くるくる丸めてゴミ削減。狭い空間の地下
シェルターや、人類が宇宙に向かう時に
必要な気密パウチ容器を目指して開発した
本品を使ったサバイバルセットを狭いスペ
ースのリュックサック等に詰めて分配も出
来る命をつなぐ切り札の食糧として、
ご案内致します。 エコデパック 代表 重岡